試合レポートの最近のブログ記事

17/09/23
【試合レポート】SuperSports XEBIO関東女子フットサルリーグby PENALTY第10節シュートアニージャ vs the sunkisst

 

【第10節】

シュートアニージャ 1-3 the sunkisst

<得点者>
01:29 4番紙谷咲名美(sunkisst)
02:07 15番反町未来(sunkisst)
24:05 19番後藤伊史(アニージャ)
25:34 7番伊藤佳穂(sunkisst)

 残留の為に勝ち点3を狙う両チームは前からプレスをかける展開。しかし前半2分、sunkisstは4番紙谷選手がディフェンスと競り合いながら放ったトゥーキックシュートが決まり、sunkisstが先制する。さらにsunkisstは右サイドキックインからのチョンドンシュートのこぼれ球に素早く反応した15番反町選手がゴールに流し込み2-0とリードを広げる。アニージャはなかなかアタッキングゾーンでの攻撃が組み立てられず、ボールは回るものの決定機がなかなか作れない前半だった。後半に入ってシンプルにピヴォアラチェンジで前線にボールが入るようになったアニージャは、後半5分19番後藤選手がゴール前のルーズボールをコントロールしてゴールを決め、1点差に追い上げる。しかし直後の後半6分にsunkisstは右サイドをしかけた8番高橋選手のヒールで落としたボールを7番伊藤選手がゴールに突き刺し3-1とする。アニージャはピヴォのキープ力を生かしてゴールへ向かうが、ゴールを奪えず試合終了。sunkisstはエース10番濱野選手不在ながら貴重な勝ち点3を加え、残留へあと一歩とした。

2017kanto_10th1074.jpg

2017kanto_10th1050.jpg

2017kanto_10th1098.jpg

2017kanto_10th1127.jpg

2017kanto_10th1512.jpg

2017kanto_10th1272.jpg

2017kanto_10th1484.jpg

2017kanto_10th1115.jpg

2017kanto_10th1561.jpg

17/09/23
【試合レポート】SuperSports XEBIO関東女子フットサルリーグby PENALTY第10節バルドラール浦安ラス・ボニータス vs FOREST ANNEX

 

【第10節】

バルドラール浦安ラス・ボニータス 5-2 FOREST ANNEX

<得点者>
03:48 13番阿部真美(浦安)
13:41 19番林千晶(浦安)
17:15 18番根岸奈緒子(浦安)
21:55 10番宮原ゆかり(ANNEX)
31:31 19番林千晶(浦安)
33:03 10番宮原ゆかり(ANEEX)
37:40 13番阿部真美(浦安)

 今節も代表が2名不在の浦安は守備ラインを少し下げてANNEXを迎える。逆にANNEXは積極的に前からプレスをかける。前半3分に得点が生まれたのは浦安。左サイドで仕掛けた13番阿部選手が左足を振りぬくとニアサイドの上部絶妙のコースに決まる。前半途中浦安11番石井選手が負傷退場するが、代わりに入った19番林選手が前半14分に右サイドを突破してゴールを奪う。更に18分に浦安がPKを得るとPKキッカーとして登場した18番根岸選手が冷静にゴールを奪い3-0としてハーフタイムを迎える。後半開始早々の2分、ANNEXは左サイドで得たコーナーキックから10番宮原選手がダイレクトでニア上を抜くシュートを決めて1点を返す。しかしペースを握る浦安は後半11分、パスワークで崩して最後は19番林選手がゴールを奪い再びリードを広げる。ANNEXは後半14分に6番宮原選手が右サイドから放ったシュートがクロスバーを叩くが、跳ね返りを10番宮原選手がダイレクトで押し込み4-2と迫る。しかし後半38分、浦安10番多田選手がパスカットで持ち上げるとファーに走り込んだ13番阿部選手がゴールを決め5-2。浦安は1stステージで対戦した時と同様、5-2のスコアでANNEXを下し、試合のなかったVEEXを抑えて暫定首位に躍り出た。

2017kanto_10th0805.jpg

2017kanto_10th0794.jpg

2017kanto_10th0837.jpg

2017kanto_10th1027.jpg

2017kanto_10th0923.jpg

2017kanto_10th1047.jpg

2017kanto_10th0240.jpg

2017kanto_10th1021.jpg

2017kanto_10th0861.jpg

17/09/23
【試合レポート】SuperSports XEBIO関東女子フットサルリーグby PENALTY第10節フウガドールすみだレディース vs さいたまSAICOLO

 

【第10節】

フウガドールすみだレディース 1-1 さいたまSAICOLO

<得点者>
15:19 7番秋田谷美里(SAICOLO)
25:52 21番勝俣里穂(フウガドール)

 意外な展開となった試合から1週間前、再び同じ対戦となる両チーム、SAICOLOは前からのディフェンスを継続しながら、それをフウガドールが我慢してプレス回避する展開。フウガドールも前からプレスをかけようとするが、GKからのスローを活用しプレスを一気に回避する。フウガドールが守備ラインを上げにくい状況を作り出してポゼッションを高めたSAICOLOは前半16分、左サイドからの7番秋田谷選手がニアを抜くミドルシュートを突き刺し、SAICOLOが先制。フウガドールもシュートの機会は増やしたいが、遠目からのシュートが多く、なかなか決定機を作れない前半だった。

後半に入り、SAICOLOが良い流れとみられていた6分、右コーナーキックから21番勝俣選手がディフェンスの間に入り込みダイレクトシュートを決めると流れが変わる。フウガドールが一気に勢い付き、猛攻をしかけるが、SAICOLOも一歩も引かず、激しくボールを奪い合う、拮抗する展開が続く。結局スコアは動かず1-1のままゲームセット。2週連続の対戦は勝ち点1ずつを分け合った。

2017kanto_10th0505.jpg

2017kanto_10th0492.jpg

2017kanto_10th0743.jpg

2017kanto_10th0720.jpg

2017kanto_10th0789.jpg

2017kanto_10th0730.jpg

2017kanto_10th0623.jpg

2017kanto_10th0126.jpg

2017kanto_10th0636.jpg

17/09/16
【試合レポート】SuperSports XEBIO関東女子フットサルリーグ第9節カフリンガボーイズ東久留米 vs the sunkisst

 

【第9節】

カフリンガボーイズ東久留米 4-4 the sunkisst

<得点者>
03:57 23番玉川華帆(カフリンガ)
07:24 16番新嶋由紀(sunkisst)
18:20 4番紙谷咲名美(sunkisst)
27:31 21番戸塚理奈(カフリンガ)
28:35 7番伊藤佳穂(sunkisst)
29:24 9番森岡寛美(カフリンガ)
33:47 23番玉川華帆(カフリンガ)
38:53 10番濱野瑞己(sunkisst)

 下位に行く事なった両チームだが、地元東久留米でカフリンガが奮闘する。先制点を奪ったのは地元カフリンガ。前半4分23番玉川選手が左サイドから中央へカットインし、豪快に右足ミドルシュートを決める。しかしsunkisstも前半8分、強いプレスでボールを奪ったsunkisstが波状攻撃から最後は16番新嶋選手が押し込み1-1と同店に追いつく。更にsunkksstは前半18分に4番紙谷選手のゴールを奪い、2-1とsunkisstが1点勝ち越して後半を迎える。ここからは点の取り合い。後半7分に21番戸塚選手が同点ゴールを決めるが、sunkisstも9分に伊藤選手が決めて勝ち越しに成功。カフリンガもこの試合から復帰した9番森岡選手、そしてこの日2ゴール目となる23番玉川選手のゴールで4-3とするが、後半39分に10番濱野選手の執念のゴールで同点に追いつき、4-4でタイムアップ。打ち合いとなった試合は決着が付かず、勝ち点1を分け合った。

2017kanto_9th1666.jpg

2017kanto_9th1650.jpg

2017kanto_9th1750.jpg

2017kanto_9th1716.jpg

2017kanto_9th1727.jpg

2017kanto_9th0600.jpg

2017kanto_9th1781.jpg

2017kanto_9th0630.jpg

2017kanto_9th1733.jpg

17/09/16
【試合レポート】SuperSports XEBIO関東女子フットサルリーグby PENALTY第9節バルドラール浦安ラス・ボニータス vs FFC Estrela NOVO川口

 

【第9節】

バルドラール浦安ラス・ボニータス 3-2 FFC Estrela NOVO川口

<得点者>
04:47 3番森谷志織(浦安)
11:18 13番阿部真美(浦安)
18:49 11番石井佐代子(浦安)
19:26 8番桑原真澄(Estrela)
20:08 8番桑原真澄(Estrela)

 この試合、浦安はアジアインドアゲームズで6番田中選手、9番江川選手が不在。更にピヴォの17番池田選手が怪我で長期離脱と苦しい状況だが、新戦力として3番森谷選手が早速ベンチ入り。昨年まで所属したEstrela戦に先発する事となった。その3番森谷選手に古巣に先制パンチを繰り出す。前半5分、右サイドを突破した13番阿部選手のシュートパスを3番森谷選手がファーサイドで難なく押し込み、浦安が先制する。この日やや低めに守備ラインを引く浦安に対してパスをつなぎ、攻撃を組み立てるが、なかなか10m以内での決定機を作れずにいた。すると後半12分、浦安13番阿部選手が左サイドから中央へカットインして素早く放ったシュートがファーサイドに低く決まり追加点を奪う。更に19分には右サイドのコーナーキックから11番石井選手が珍しいヘディングシュートを決め、3-0とする。しかしEstrelaもGKスローをカットした8番桑原選手がそのままゴールを奪い、3-1としてハーフタイムを迎えた。

 後半キックオフ直後のプレーで一気に浦安ゴール前へロングボールを入れると選手が交錯する中、そのままゴールへ吸い込まれ、3-2とEstrelaが追い上げる。意気上がるEstrelaは浦安と互角の展開を見せる。後半お互いにファールが目立つ展開となり、浦安11番石井選手がシュートを受けて顔から流血する場面もあったが、落ち着いた試合運びで浦安が試合を終わらせタイムアップ。貴重な勝ち点3を加えものの、フウガドールに得失点差で及ばず1stステージ3位で折り返す事となった。

2017kanto_9th1354.jpg

2017kanto_9th1340.jpg

2017kanto_9th0383.jpg

2017kanto_9th0427.jpg

2017kanto_9th0399.jpg

2017kanto_9th1605.jpg

2017kanto_9th1489.jpg

2017kanto_9th1451.jpg

2017kanto_9th1395.jpg

17/09/16
【試合レポート】SuperSports XEBIO関東女子フットサルリーグby PENALTY第9節VEEX TOKYO Ladies vs シュートアニージャ

 

【第9節】

VEEX TOKYO Ladies 4-1 シュートアニージャ

<得点者>
09:04 7番服部眞彌(VEEX)
10:56 7番服部眞彌(VEEX)
17:59 19番後藤伊史(アニージャ)
21:24 8番須佐美薫(VEEX)
25:12 7番服部眞彌(VEEX)

 勝利で首位が確定するVEEXは試合開始から試合を優勢に進める。しかしanillaもGK15番前選手の好セーブでゴールを割らせない。アニージャも19番後藤選手が前線でキープする事で攻撃の起点となりシュートまで持ち込む機会が増える。先制点はVEEX、前半10分カウンターで持ち上がった15番小出選手のパスを受けた7番服部選手がワントラップしてからの右足トゥーキックをゴールに突き刺し1-0とする。続く11分にも左コーナーキックからのセットプレーを7番服部選手が決めて追加点を奪う。2点のビハインドを背負ったアニージャは18分、19番後藤選手が左サイドを抜け出し、GKとの1対1を冷静にループ気味にゴールに流し込み1点を返す。2-1VEEXリードで迎えた後半、VEEXは2分に8番須佐美選手のゴールが飛び出し3-1とリードを広げると、6分にもカウンターからまたもや7番服部選手が、15番小出選手のアシストからスライディングシュートを決めてハットトリック。後半はアニージャの攻撃を抑えて3点のリードを保ったまま試合を終わらせたVEEXが勝ち点3を獲得し、1stステージを首位で折り返す事となった。

2017kanto_9th0991.jpg

2017kanto_9th0987.jpg

2017kanto_9th1107.jpg

2017kanto_9th1279.jpg

2017kanto_9th1059.jpg

2017kanto_9th1287.jpg

2017kanto_9th1161.jpg

2017kanto_9th1303.jpg

2017kanto_9th1126.jpg

17/09/16
【試合レポート】SuperSports XEBIO関東女子フットサルリーグ第9節さいたまSAICOLO vs フウガドールすみだレディース

 

【第9節】

さいたまSAICOLO 2-8 フウガドールすみだレディース

<得点者>
05:30 2番徳永真紀(フウガドール)
07:49 19番金子由香里(フウガドール)
13:39 21番勝俣里穂(フウガドール)
26:37 14番高橋麻衣子(フウガドール)
28:48 21番勝俣里穂(フウガドール)
31:12 4番金子明華(フウガドール))
32:53 21番勝俣里穂(フウガドール)
33:26 2番徳永真紀(フウガドール)
33:54 7番秋田谷美里(SAICOLO)
36:27 14番初見尚美(SAICOLO)

 フットサル日本女子代表がアジアインドがゲームズに出場している関係でフウガドールからは7番竹村選手、SAICOLOからは10番堀田選手が欠場。試合は意外な展開となる。前半6分に2番徳永選手のゴールで先制すると、前半7分にも右サイドのクイックスタートから19番金子由選手が抜け出して追加点。14分にも21番勝俣選手のゴールが生まれ、前半はフウガドールが3点をリードしてハーフタイムを迎える。チャンスが無い訳ではないSAICOLOだが、フウガドールの巧みなパスワークに後手後手に回る感がある。後半も7分に14番高橋選手が21番勝俣選手とのコンビプレーで得点を奪うと8分にもカウンターから数的優位を作って21番勝俣選手が得点を重ねる。勢いが止まらないフウガドールは12分に4番金子明選手がファー詰めで合わせると、13分には21番勝俣選手がミドルシュートを叩き込みハットトリックを達成。14分にはパスワークで右サイドを崩し、最後は2番徳永選手が決め、フウガドールが8連続得点を奪う。意外な展開に戸惑いを隠せないSAICOLOだったが、後半14分に秋田谷選手が、17分に14番初見選手がゴールを奪い2点を返し意地を見せるがいかんせん点差があり、8-2で終了。フウガドールの強さが際立つ結果となった。一方SAICOLOは8月以降公式戦で勝ち星が積み重ねできず、1stラウンドは5位が確定した。

2017kanto_9th0671.jpg

2017kanto_9th0653.jpg

2017kanto_9th0939.jpg

2017kanto_9th0754.jpg

2017kanto_9th0903.jpg

2017kanto_9th0798.jpg

2017kanto_9th0838.jpg

2017kanto_9th0769.jpg

2017kanto_9th0873.jpg

17/09/03
【試合レポート】SuperSports XEBIO関東女子フットサルリーグ第8節カフリンガボーイズ東久留米 vs バルドラール浦安ラス・ボニータス

 

【第8節】

カフリンガボーイズ東久留米 2-6 バルドラール浦安ラス・ボニータス

<得点者>
02:57 9番江川涼(浦安)
08:35 17番池田智子(浦安)
15:09 14番笠井奈津子(浦安)
15:30 13番阿部真美(浦安)
27:44 9番江川涼(浦安)
30:35 2番新井敦子(カフリンガ)
34:42 23番玉川華帆(カフリンガ)
37:01 13番阿部真美(浦安)

 日本リーグに続き、移動した上に2連戦となる浦安だったが、試合開始直後から積極的にプレスをかける。すると前半3分右サイドのコーナーキックからのシュートのこぼれを9番江川選手が押し込み浦安が先制。カフリンガはプレスを掻い潜りカウンターをしかけるが、なかなかチャンスを作るまでに至らない。前半9分、浦安は強引に中央突破した17番池田選手がゴールを奪い2-0とリードを広げると、16分にもパスワークから14番笠井選手がゴールを奪い3-0。パスがよく回る浦安は今度は16分に13番阿部選手の単独突破からゴールを奪い、多彩な攻撃を見せる浦安。

 後半に入るとハーフタイムの指示で修正をしてきたカフリンガが少しずつ攻撃の組み立てができるようになる。それでも浦安は後半8分6番田中選手のシュートパスを9番江川選手が押し込み5-0とリードを広げる。後がなくなったカフリンガは後半10分に左キックインからのセットプレーで2番新井選手がミドルシュートを決めて1点を返すと、15分にも右サイドのキックインからのセットプレーを23番玉川選手がミドルシュートを叩き込む。しかし後半18分13番阿部選手のダメ押しゴールが決まり6-2で浦安が勝利。勝ち点3を加えて暫定首位へ躍り出た。

2017kanto_8th1720.jpg

2017kanto_8th1708.jpg

2017kanto_8th1894.jpg

2017kanto_8th0643.jpg

2017kanto_8th1919.jpg

2017kanto_8th0772.jpg

2017kanto_8th0578.jpg

2017kanto_8th0579.jpg

2017kanto_8th1957.jpg

17/09/03
【試合レポート】SuperSports XEBIO関東女子フットサルリーグ第8節フウガドールすみだレディース vs FFC Estrela NOVO川口

 

【第8節】

フウガドールすみだレディース 4-1 FFC Estrela NOVO川口

<得点者>
7:00 19番金子由香里(フウガドール)
11:02 オウンゴール(フウガドール)
12:36 9番足利千春選手(フウガドール)
18:35 21番勝俣里穂(フウガドール)
33:22 8番桑原真澄(Estrela)

 前からプレスをかけるフウガドールに対してEstrelaは思うようなプレス回避ができず、自陣に留まる時間が長くなる。前半7分右サイドを突破した9番足利選手がシュートを放つとGKがセーブ、そのこぼれを19番金子選手が押し込みフウガドールが先制する。前半12分にもロングカウンターをダイレクトパスでつなぐフウガドールのラストパスがオウンゴールを誘いフウガドールが2点をリードする。更に続く13分にもセットプレーから9番足利選手がゴールを奪い3点をリード。前半終了間際の20分にも21番勝俣選手がゴールを決めて4-0として前半を折り返す。

 後半に入っても優勢に試合を運ぶフウガドールだったが、Estrelaも体を張って対抗。相手のパスワークを抑え、カバーリングの意識を高めてフウガドールの攻撃に耐える。すると後半14分最終ラインのパスカットから8番桑原選手がそのままゴールを決めて反撃に出るEstrelaだったが、追加点は奪えずタイムアップ。4-1でフウガドールが完勝した。

2017kanto_8th1306.jpg

2017kanto_8th1294.jpg

2017kanto_8th1411.jpg

2017kanto_8th0421.jpg

2017kanto_8th1400.jpg

2017kanto_8th1511.jpg

2017kanto_8th1483.jpg

2017kanto_8th0354.jpg

2017kanto_8th1546.jpg

17/09/03
【試合レポート】SuperSports XEBIO関東女子フットサルリーグ第8節FOREST ANNEX vs the sunkisst

 

【第8節】

FOREST ANNEX 5-4 the sunkisst

<得点者>
09:58 10番宮原ゆかり(ANNEX)PK
11:02 25番東山真依子(ANNEX)
12:27 9番杉森愛希(ANNEX)
20:49 4番紙谷咲名美(sunkisst)
26:42 2番小塚菜美(ANNEX)
32:14 23番堂道夕香(sunkisst)
36:58 6番宮浦沙帆里(ANNEX)
38:26 10番濱野瑞己(sunkisst)
39:51 10番濱野瑞己(sunkisst)

 上位リーグを争うチーム同士の直接対決。ANNEXは勝利で上位リーグが確定となり、sunkisstは負けると下位リーグが決定する。序盤前からプレスをかけるANNEXに対して、カウンターを狙うsunkisstの展開。前半10分にPKを10番宮原選手が確実に決め、ANNEXが先制。続く12分には左サイドのコーナーキックからのループパスを25番東山選手が鮮やかなボレーを叩き込み意気上がるANNEX。13分にも9番杉森選手がゴールを奪い3-0とANNEXが優勢に進めた前半となった。

 しかしsunkisstも後半立ち上がり、4番紙谷選手の豪快ミドルが決めてsunkisstが息を吹き返す。ここから怒涛の攻撃をしかけるsunkisstがこれに耐えたANNEXは後半7分左サイドからの折り返しを2番小塚選手が押し込み再びリードを広げる。ここからお互いに点の取り合いとなり、sunkisstも1点差まで追いつくが、ANNEXが何とか逃げ切り勝利。勝ち点3を加えたANNEXが3年ぶりの上位リーグを確定させた。

2017kanto_8th0797.jpg

2017kanto_8th0787.jpg

2017kanto_8th0955.jpg

2017kanto_8th1277.jpg

2017kanto_8th0916.jpg

2017kanto_8th1213.jpg

2017kanto_8th1023.jpg

2017kanto_8th1221.jpg

2017kanto_8th0899.jpg